おにぎり

見つめ合う花嫁と花婿

近年、芸能人が実践したことで話題になっている痩身方法があります。それは、おにぎりダイエットというものです。これは、主におにぎりを食事として食べ、おかずや間食をなるべく排除して痩せる方法です。 おにぎりで使われるお米には、太るというイメージがあります。なぜおにぎりダイエットで痩せられるかというと、体内でのインシュリンの分泌がゆるやかになるからです。そのため、腹持ちが良くなり、お腹がすきにくくなります。その結果、余分な間食を防ぐので痩せられます。 その他にも、お米には食物繊維と同様の働きをする「レジスタントスターチ」が多く含まれています。この成分は整腸作用が高いために、女性が悩みがちな便秘解消効果があります。その結果、エネルギー代謝が良くなり、自然と痩せやすい体になります。

おにぎりでの痩身方法の具体的なやり方は、1日2合分のお米を使いおにぎりを作ります。そして、それを3食に分けて食べるだけです。朝食に2個、昼食に2個、夕食に1個の目安で食べます。おにぎりの具については、なるべくカロリーの低いものを選んだ方が効果が高いです。たとえば、鮭、梅や昆布、おかかなどです。間違っても、ツナマヨ、明太子などのカロリーの高いものは控えたほうが良いです。おにぎり以外のおかずは食べても良いですが、できれば野菜を中心に食べたほうが良いです。 おにぎりでの痩身方法の注意点は、1週間から2週間の短期間で行うことです。おにぎりでは栄養が不足する危険があるので、短期間で行うことが大事です。また、効果的に痩身効果を得るには、ラーメンや、パンなどの他の炭水化物を摂取すること厳禁です。